トップ表示

───────────────────────────────────
SEA Forum in March 2017

【若手歓迎・40 歳未満参加費 1,000 円】

IT技術者のみらい

ーコールUCB名誉教授との対話を通して-

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

コール教授の論文「日本のリーダーはソフトウエアの本質を理解していない」を日本語に訳された新谷さんによるご講演と議論です.ちなみに,論文は次のブロックから始まっています.

日本は活発なソフトウエア産業を持っているようである。売上高で見れば、米国に次いで二番目の地位をドイツと争っている。日本の各社はソフトウエアを開発するプロセスの力を誇示している。だが、実際問題として、ソフトウエアによるイノベーションを起こし、世界で競争力ある製品とサービスを提供する、といった観点で見た時に、日本の力はどういう意味を持っているのだろうか?

この論文をスタートにこれまでとは異なった議論が展開されると思います.ご興味のある方は,ぜひご参加下さい.

[講演者(*)からのお誘い]

2006年の 28th ICSE(International Conferenece On Software Engineering)上海会議に参加して,ベームの基調講演「ソフトウェアエンジニアリングの過去・現在・未来」という基調講演以上に強烈な印象を受けたのが,シーメンスR&D担当副社長による「シーメンスは今や世界に2万数千人のソフトウェア開発者を抱える世界規模のソフトウェア企業である」というプレゼンでした.

昨今,人工知能をはじめ,IoT やソフトウェアによる革新的なイノベーションなどといったキーワードをメディアで見聞きしない日はほとんどありません.しかしながら,シーメンス社によるプレゼンを聞いてからはや11年になる今,日本の重電各社 あるいは 一般企業の経営層から同様なステートメントを聞くことはないのはいったい何故なのでしょうか?

ちなみに最近の METI の調査によると,日本でソフトウェアエンジニアになることに将来性を感じている若者は少ないようです.ソフトウェアは,いわゆる箱物,ハードウェアに精神を注入することができます.即ち,ソフトウェア開発に関わるエンジニアは「モノに命を吹き込む」というきわめて創造性に富んだ仕事をする人です. IPA の調査にもありますが,こうした人材が圧倒的に不足している,或いはますます不足するであろうといった警告は既に数十年も前から発せられています.さらに気になるのは,こうしてエンジニア不足を訴える人たち自身に,創造的な人材を育成しようとする意気込みが感じられないことです.

ソフトウェアエンジニアの育成に関わる皆さんと,このあたりの問題にどう対応することが必要なのか是非討議をしたい.私は,各種資料で問題提起をしたいと考えますので,議論が盛り上がることを期待しています.

 

(*) 講師:新谷勝利(IPA 専門委員)
1969 年 4 月日本 IBM 入社.営業部門を経て1981 年 4 月に開発部門に移動後1999年に早期退職するまでソフトウェア開発部門のプログラマー,開発スタッフ,マネージャーを経験,2004 年 9 月に IPA に設立されたソフトウェアエンジニアリングセンターに移動.2013年に退職後専門委員に就任,現在に至る.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA Forum in February 2017

【若手歓迎・40 歳未満参加費 1,000 円】

パターン・ランゲージ

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

建築家のクリストファー・アレグサンダーが提唱したパターンランゲージ(PL) は,伝統的な業界にあって,「ヒッピーの住宅」建設手法だと酷評されました.しかしながら理論の応用が広がり,成功例が増えるにつれて有効性が認識され,建築から,都市計画,IT,市民活動などへ PL の適用分野が広がってきています.

「都市はツリーではない」セミラティス構造や,「美しいものを創り出すうえでのそのプロセスの解明と,それを支配するルールの発見」のセンタープロセスなど,PLの概念は時代・場所・分野を超えて普遍的なものと思えます.

ソフトウェア開発におけるPLは,錯綜するステークホルダーの合意形成を進め当事者が望む未来を描き,設計し,具体化していく手法が有力のようです.言い換えると,PLを単なる過去のベストプラクティスや暗黙知のカタログとその再利用に注目するデザインパターンアプローチよりも,アジャイル開発など従来のパラダイムを超える改革型プロセスに適合すると思われます.

このフォーラムでは、アレグサンダー教授の弟子,中埜さんから直接にPL誕生の背景,概念,技法などの基本と,最近の理論の進化や,応用例の解説を受けます.そしてPLの真髄を生かしたソフトウェア開発のあり方,方法やプロセス,応用面での課題を検討します.

PLを開発現場に導入しようと考えておられる方,画一的な開発プロセスに限界を感じておられる方、XP, アジャイルのリーダ,その他PLに興味のお持ちの方々の参加を求めます.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
第25回 SEA 新春教育フォーラム 2017

人工知能と未来の教育

共催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)/教育分科会(sigedu)

熊本大学大学院教授システム学専攻

参加者募集
───────────────────────────────────

近年とみに話題になってきた人工知能はコンピューターの持つ圧倒的な情報蓄積量と情報処理速度により,将棋などのゲームをはじめ人間が行う知的活動のレベルを超える領域になりつつあり,人類にとって脅威となるなどと言った議論が交わされるようになってきました.
そうした議論はともかく,コンピューターの持つその情報量が人間の学習を支援するという意味で近い将来かなり大きな役割を果たすことになることは間違いないでしょう.また文科省の推し進める「アクティブ・ラーニング」,すなわち学習者が自律的で能動的な学習スキルを身につけることを促進するという意味でもコンピューターが学習支援システムとして大きな役割を果たすことになると思われます.
こうした背景の中,教育工学(インストラクショナル・デザイン)をベースにして教育設計や教育改善に取り組む私たちとしては,人工知能を学習リソースの中の一つとして捉え,その機能を最大限活用したコースデザインをする必要性が生じてきています.
今回のフォーラムでは教育に対する人工知能の持つ可能性を探りながら,未来の教育はどんな姿になるだろうかを描き,その有効性を議論・検証します.新春にふさわしい新鮮な議論を展開しましょう.(実行委員長 米島博司)

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA Forum in November 2016

【若手歓迎・40 歳未満参加費 1,000 円】

システムオブシステムズとディペンダビリティ

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

11月のSEAフォーラムは,新しく出来た SiGSoS の発起人落水先生によるご講演です.落水先生による案内は,以下になります.

システムズオブシステムズ(以下SoS)は,複数の分散システムをネットワークで結合した複合システムであり,オブジェクト指向(オブジェクトの再利用),コンポーネント指向(コンポーネントの再利用)、サービス指向(アプリケーションの再利用),システムオブシステムズ(システムの再利用)という、再利用技術発展の流れの上に出現したシステムとして位置づけられる.現在、多くの情報システムはSoSの形態をとることが多い.

このSoSには,次の様な問題があり,伝統的なソフトウェア工学では対処できないものが多い.

  • システム境界が不明確なため要求定義が困難である
  • SoSの構成要素(社会技術システム、Socio-technical Systems)は,異なる組織によって管理されるため独自に進化する
  • 統合または結合時に発生するエラー(創発特性)への対応が困難である
  • デリバリー前に徹底した検査・検証を実施するという従来の信頼性保証プロセスが適用しにくい

本フォーラムでは,SoSを定義し,SoSに発生する固有の問題点をまとめつつ,信頼性・可用性・安全性・セキュリティ・弾力性(resilience)などのディペンダビリティの問題をとりあつかうことの困難さについて解説する.

これらの問題に対処していくにあたっては,互いの知見を交換しつつ,問題点とその対応策を共有していくことがまずは重要であると考える.本フォーラムにおける参加者との交流をその第一歩としたい.

 

それでは,多くの皆さまの積極的なご参加をお待ち申しあげております.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA Forum in 北海道 (December 2016)

【若手歓迎・35 歳未満参加費 1,000 円】

「レビュー」と「ファシリテーション」

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

 冬の札幌での SEA Forum のテーマは,レビューとファシリテーションです.これらの二つのテーマは独立していて,セッションは 2 部構成になります.

第 1 部では,レビューをテーマにします.今回は,組織の技術力を上げ,生産性を向上させる “レビュー観点” について議論・考察します.

“レビュー観点” とは,レビューにおける関心事,確認内容・指摘事項の源泉などを指します.観点をレビュー実施前に明確にすれば,狙いを定めた確認・指摘ができるようになります.しかし,毎回同じ観点を設定し,実践するのでは進歩がありません.生産性向上を目指す組織なら,あるレビューで指摘された欠陥をそもそも作らないように,作りにくくするようにしたいはずです.作業の仕方やルール,様式を見直すなどの対応を取りつつ,レビュー観点リストを改善するなどの工夫を継続していくでしょう.つまりレビュー観点の内容は,組織 (が持つ経験則や能力) で異なるのです.

これらの “レビュー観点” の内容・あり方・扱い方について,実践事例を題材に考えていきます.

第 2 部では,ファシリーテーションについてのワークショップを行います.ファシリテーションが機能すると,チームや組織の思考の質が上がり,成果につながる話し合いをすることができるようになります.

ソフトウェア開発の現場にも,様々な話し合いの場がありますが,今回のワークショップでは,特に「ふりかえり」のフレームワークについて議論・考察します.(フレームワークには,KPT (Keep,Problem,Try),AAR (After Action Review),ORID (Objective,Reflective,Interpretive,Decisional),YWT (やったこと,分かったこと,次にやること) などがあります.)

チームや組織の思考の質を高め,よりよい成果を生み出すためには,どのような観点とプロセスでふりかえると効果的なのでしょうか? ワークショップではチームアクティビティで疑似的なタスクに取り組み,いくつかのフレームワークを使ってふりかえり,この問いについて考察していきたいと思います.

どちらか一方だけの参加も可能です.多くの皆さまのご参加をお待ち申しあげております.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
ソフトウェア信頼性研究会
第12回ワークショップ
ポジションペーパー・ワークショップ発表者募集,参加者募集
主催
ソフトウェア信頼性研究会
ソフトウェア技術者協会 (SEA)
協賛
プロジェクトマネジメント学会関西支部(予定)
───────────────────────────────────

本ワークショップは,ソフトウェア開発の信頼性向上に関するさまざまなトピックスをめぐって,インフォーマルな(しかし,それだからこそ核心を突いた)議論ができるユニークな1つの場を提供することを目的としています.

そのため,参加者の皆様には「ポジションペーパー」を表明していただきながら,活発な議論を行いたいと考えております.

本年も,エンピリカルな手法,また,ソフトウェアメトリクスの活用を通じて,システム信頼性・安全性向上を実現する手法について議論を深めていく予定です.

なお,今回も,テーマ討論形式を予定しています.投稿された論文及びポジションペーパーをテーマ毎に分け,そのご発表を元に全員で議論を発展させていきたいと考えております.

特別講演は,大場充先生(広島市立大学名誉教授)に「日本の技術者育成と雇用制度、そしてソフトウェア技術者の職業倫理」というタイトルでお願いしております.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA Forum in October 2016

【若手歓迎・40 歳未満参加費 1,000 円】

ディープラーニングを用いたコンピュータ囲碁

~ Alpha Go の技術と展望 ~

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

10月のSEAフォーラムは,コンピュータによるゲーム研究で活躍されている電気通信大学の伊藤毅志氏をお迎えして,最近話題のコンピュータ囲碁プログラム「アルファ碁」を中心に,この分野におけるAI応用の動向などのお話をうかがうこととしました.

アルファ碁は碁の世界では超一流と言われる李世ドル氏との5番勝負に,大方の予想を覆して快勝しました.それが第3次AIブームを引き起こすもととなったディープラーニング(深層学習)を使っていることも,話題の的です.なぜこんな短い期間で急速に強くなったのか,弱点はないのか,この技術をほかの分野にも使えないか,などと興味は尽きないと思います.

それでは,多くの皆さまの積極的なご参加をお待ち申しあげております.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA Forum in September 2016

【若手歓迎・30 歳未満参加費 1,000 円】

探究型プログラミング学習 (探プロ!) の事例共有

~21 世紀型スキルの修得を目的とした
子ども向けプログラミング学習の新しい形~

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

9 月の SEA フォーラムは,tanpro-lab の小笠原 記子さんをお招きして,子供向けのプログラミング教育「探究型プログラミング学習」の取り組みをお話しいただきます.

【講師からのご案内】

探究型プログラミング学習とは,従来のコーディングを中心とした学習とは異なり,モデリング,アルゴリズム化といったステップを加えることによって「21 世紀型スキル」を修得することを目指した次世代の子どもたちのための新しいプログラミング学習のコンセプトです.

今回のフォーラムでは,実際に学習の一部を体験して頂きながら,様々な知見からの意見交換を通じて今後の子ども向けプログラミング学習のあり方を考えていきます.

詳細はこちら

=============================================
第18回SEA教育事例研究会
-教育改善の取り組み、実践に関する事例研究と討論-
主催:ソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(sigedu)
共催:熊本大学大学院教授システム学専攻

 SEA教育分科会(sigedu)では、毎年初夏の時期に教育の実践報告や最新教育関連の情報交換などを中心とした研究会を開催しています。今年も、人材育成やパフォーマンス向上について、新しい取り組みを実践されている方、教育工学に基づき教育の最新技術を研究されている方、ユニークな教育展開をされている方、また担当の教育に問題を抱えて悩んでおられる方が集まり、さまざまな実践事例や改善方策について集中討論会を行いますので奮ってご参加ください。

■ 開催概要
1.日時:2016年7月8日(金)13:30 - 18:00

2.場所: キャンパス・イノベーションセンター東京 5階508,509室

  東京都港区芝浦3丁目3番6号
  JR山手線・京浜東北線田町駅 芝浦口(東口) 徒歩1分
  都営三田線・浅草線三田駅 徒歩5分(アクセス方法は下記)
  http://www.cictokyo.jp/access.html

3.プログラム
  参加者各位からの事例などの発表と検討、研究。
  参加申し込みがあり次第随時更新していきます。

<現時点での事例テーマ(参加表明された方とテーマ:仮称)

●「医学部1年生にやった必修講義(今年で2年目)の事例と改善紹介、今後の課題」 自治医科大学 浅田 義和

●「Moodleを用いたプログラミング教育の実践事例」 東京国際大学 河村 一樹

●「IT企業管理者研修 プロジェクトコミュニケーション講座」 篠崎 直二郎(開智Naoj)

●「クリティカルシンキングの良問と悪問について-項目反応理論の識別力・困難度から-」 若山昇(帝京大学)

●「ワーク・ルールズ」 鈴木克明(熊本大学)

●「教育と実務の深い谷」 米島(パフォーマンス・インプルーブメント・アソシエイツ)

4.定 員:20名(申込先着順:発表者含む)

5.参加費
 SEA会員:¥1,000 SEA賛助会員:¥1,500 一般:¥2,000 学生:¥1,000
 ※ただし、会場費、運営費であり、食費等は含みません。
 ※懇親会費用は含みません。別途徴収いたします。
 ※部分参加の場合も参加費の免除や割引はありません。
 ※懇親会のみの参加は参加費は不要。懇親会費のみ徴収します。

6.スタッフ
 実行委員長: 米島 博司(パフォーマンス・インプルーブメント・アソシエイツ)

7.申込期限:2016年7月1日(金)(期限後も相談に応じます)

9.申し込み方法:

送付先:下記のアドレス宛にお申込ください。

 E-mail: sigedu-entry @ sea.jp (@前後の空白は削除してください。)

*******************************************************************

第18回 教育事例研究会2016参 加 申 込 書

*******************************************************************

(フリガナ)

氏名 :

性別:□男  □女

SEA会員等種別: □会員(会員No.   )  □賛助会員   □一般  □学生

    *注:賛助会員企業一覧:http://www.sea.jp/sanjo.txt

所属団体名・学校名:

部門・学部(学科):

役職(団体・企業の方のみ):

事例発表題目:

e-mail:

参加日程(該当するものにチェック・記入):

 □ 全日参加

 □ 1日目午後のみ参加

 □ 2日目午前のみ参加

 □ 1日目夜の懇親会:参加・不参加 (いずれかを消去)

 □ その他(               )

  ※懇親会のみの参加は参加費は不要。懇親会費のみ徴収します。

アンケート項目:

① 技術者教育、企業内教育、反転授業などについて、日ごろ思っていること。

② 当研究会に期待すること

③ 技術者の育成において、日頃工夫していることや苦労していること。

④ 教育事例研究会で特に取り上げて欲しいテーマ

⑤ 担当されている業務(教育・研修関連)の概要

⑥ その他、当事例研究会に対する要望や意見

───────────────────────────────────
SEA Forum in February 2016

【若手歓迎・40 歳未満参加費 1,000 円】

超高速開発

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

2 月の SEA フォーラムは,国立研究開発法人 産業技術総合研究所の和泉 憲明さんにお願いして,業務アプリケーションの開発工数を劇的に短縮すると言われている超高速開発について,これまで大規模開発プロジェクトを担当されたご経験から,どのような観点にて開発プロセスなどを強化して利活用しようとなさっているのか,最新のプロジェクト動向をお話しいただきます.

超高速開発または超高速開発ツールは,詳細設計情報からプログラムを全て自動生成するツールや,最近では要件仕様,基本設計仕様を登録するだけでアプリケーションの開発を行うものがあります.

和泉さんは,情報技術の研究者としてご活躍しながら,横浜市や札幌市など,業務ルールが複雑と言われている政令市の住民系情報システム開発に関わっていらっしゃいます.そして,非専門家のための開発標準,開発プロセスによってマルチベンダ開発や工程分割発注,多段階リリースを可能とするなど,公共系における情報システム開発の課題解決に従事していらっしゃいました.

ここでの方法論は,スクラッチ開発だけでなく,小規模都市のパッケージ調達にも展開された後,現在,超高速開発手法に適用されようとしています.そこで,超高速開発の利点を活かすためにどのようなノウハウを適用されているのかを中心に,技術面・業務面・プロジェクト面からお話しいただきます.

詳細はこちら