第49回 SEA関西プロセス分科会 「アジャイルのベースライン」

ディスカッション記録 (1/8)


はじめに

以下は、2012年10月10日に、ソフトウェア技術者協会 関西プロセス分科会とJASPICとで共同開催されたパネルディスカッション「Agileのベースライン」のでの発言を記録したものです。

開催要領

パネリスト(50音順,敬称略)
阪井誠(SRA)
西丈善(XPJUG関西)
前川直也(パナソニック)
和田憲明(富士通)

司会
田中康(奈良先端科学技術大学院大学)

共同開催
ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会
日本SPIコンソーシアム (JASPIC)

日時
2012年10月10日(水) 15:00~17:00

会場
大阪国際交流センター(大阪府大阪市)


ディスカッションの概要イメージ

私たちのいるところ

マインドマップ1 マインドマップ2


内容

  1. オープニング 〜 問いを再定義する(田中康)
  2. パネラー紹介
    1. 阪井誠さん 〜 現場からのプロセス改善
    2. 西丈善さん 〜 人の満足
    3. 前川直也さん 〜 全員でゴールを描く
    4. 和田憲明さん 〜 「おもてなし」の心
  3. パネラー討論
    1. 現場の問題と は?
    2. 人の満足とは?
    3. 全員でゴールを描く意味とは?
    4. 誰に対するおもてなし?
    5. ソフトウェアを取り巻く変化
    6. アジャイルと規律
    7. 組織と人
  4. アイスブレーク
  5. 全体討論
    1. 組織・上司の壁
    2. 何故アジャイルなのか?
    3. アジャイルの条件とは?
    4. 振り返りの意味
  6. クロージング・アジャイルの向かうところ
  7. マインドマップ

記録: ソフトウェア技術者協会 関西支部 小林修