安全性解析手法STAMP/STPAセミナー@大阪(ソフトウェア高信頼化 SECセミナー )

安全性解析手法STAMP/STPAセミナー@大阪

開催情報

近年、コンピューターシステムはネットワークなどを通じて異なる機器やシステム同士
が繋がるようになり、ますます大規模・複雑化しています。それに伴い、人とシステム、
あるいはシステムとシステム間の複合原因によるシステム障害が増加し、システム単体で
はなく、”異なるもの同士が繋がったシステム全体”での障害対策が求められるようになっ
てきました。
そのような状況において、これらのシステムにおける安全性解析に関する
新しい手法として、STAMP/STPAが産業界において注目されています。

本セミナーでは、STAMPの解説や適用事例について紹介するとともに、安全性解析から
対策立案までの流れを簡単な演習を通して学んでいただけます。

共催

独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
ソフトウェア技術者協会(SEA)関西支部
一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)

後援(予定)

一般財団法人関西情報センター(KIIS)
組込みシステム産業振興機構(ESIP)
特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(ITCA)

開催日時

2017年12月16日(土)13:30~16:45

開催場所

〒530-0001
大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル6階
大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室

定員

50名

参加費

無料

募集対象

製造業に従事している技術者や組込みソフトウェア開発者
システムの安全性向上に課題意識を持っている方
安全性解析手法STAMP/STPAに興味のある方、これから取り組まれる方

配布物

・小冊子「はじめてのSTAMP/STPA」
・SEC BOOKS「はじめてのSTAMP/STPA(実践編)」
・事業成果集DVD 「IPA/SEC 早わかり 2017」

参加申込み

締め切り日時:2017年12月15日(金)  17時00分
以下のWEBページからお申し込みください
https://sec.ipa.go.jp/seminar/20171216.html