ソフトウェア・シンポジウム 2017 in 宮崎 (SS2017)

ソフトウェア・シンポジウムは,ソフトウェア技術に関わるさまざまな人びと,技術者,研究者,教育者,学生などが一堂に集い,発表や議論を通じて互いの経験や成果を共有することを目的に,毎年全国各地で開催しています.

第 37 回目を迎える 2017 年のソフトウェア・シンポジウムでは,この数年間で試みてきた新しい取り組み(チュートリアルや Future Presentation など)をさらに発展させたものにしたいと考えています.このほか,SS2016 に引き続き,論文発表や事例報告と,ワーキンググループで議論を行います.

今回は,“開かれたソフトウェア開発”をテーマに,さまざまな観点からの発表や講演を行います.ソフトウェア開発について,これまでの延長ではない捉え方をしていただく機会として,是非会場に足を運んでいただき,情報交換と深い議論をする場として活用してください!

ソフトウェア技術に関連するさまざまな分野の皆さまからの投稿をお待ちします.参加者の発表にはさまざまな形式があります.研究論文,Future Presentation,経験論文,事例報告です.また,ワーキンググループでの深い議論も予定していますので,ご提案いただきますよう,よろしくお願いします.

開催概要

日程: 2017 年 6 月 7 日 (水曜日) ~ 9 日 (金曜日)
場所 (本会議): 宮崎市民プラザ
主催: ソフトウェア技術者協会
後援: 情報処理推進機構
協賛: 宮崎県情報産業協会,ソフトウェアテスト技術振興協会,IT記者会、アジャイルプロセス協議会、オープンソースソフトウェア協会,情報サービス産業協会,情報処理学会,ソフトウェア・メインテナンス研究会,電子情報通信学会,日本ソフトウェア科学会,組込みシステム技術協会,日本SPIコンソーシアム,日本ファンクションポイントユーザ会,派生開発推進協議会,日本科学技術連盟,組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会,TOPPERSプロジェクト,PMI日本支部,アドバンスト・ビジネス創造協会

ソフトウェア・シンポジウムについて

ソフトウェア・シンポジウムの一覧
ソフトウェア・シンポジウムの歴史