SEA Forum in April 2019[自動文書検査ツールRedPen]0418

───────────────────────────────────
SEA Forum in March 2019

自動文書検査ツールRedPen

 — ツール開発の目的と実践事例の紹介 —

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

4 月の SEA フォーラムでは,自動文書検査ツールRedPen の開発者である,伊藤敬彦氏をお招きし,RedPen 開発の動機,特徴と利用方法,今後の計画などについてお話しをしていただきます.さらに,新森昭宏氏から,RedPen を活用した上流工程文書の品質向上活動の実践事例を紹介していただきます.

RedPen はオープンソースの校正ツールです.RedPen は技術文書が文書規約に従って書かれているかを自動検査します.RedPen の概要や機能については,次のサイトを参照してください.
http://redpen.cc/docs/latest/index_ja.html

事例紹介では,上流工程文書の記述曖昧性チェックを主目的として,「日本語文チェックツール」を開発し,社内で広く運用をしている事例について説明します.ツールや概要や活動内容については,次のサイトを参照してください.
http://www.jaspic.org/event/2018/SPIJapan/session1C/1C4_ID001.pdf

【講演者紹介】
・伊藤 敬彦(株式会社クックパッド)
専門はデータマイニング,とくにグラフ分析.ソフトウェアエンジニアとし て就職してからは検索エンジンに関わることが多い.趣味でOSSプロジェクトをいくつか管理している.博士(工学).
 <講演者から>
ソフトウェア開発では安全性,生産性を向上する数多くのプラクティスが取り入れられています.特に継続的インテグレーションを通した自動テストはソフトウェアの品質向上に大きく寄与しています.
残念ながら開発されたソフトウェアを解説する文書(ドキュメント)の品質については未だそれほど注意を向けられていません.結果良い製品を作っても,価値が理解されない場合が発生してしまいます.今回の発表では自動文書チェックツール,RedPenを作り始めた動機,機能紹介,そして現在の状態と将来について解説します.

・新森 昭宏(株式会社インテック)
1983年インテック入社.電子メールシステムの開発,特許書類を対象とした言語処理研究,研究所における研究開発管理等に従事した後,2017年より生産技術部でソフトウェア生産技術に関する新技術調査等に従事.博士(工学).
 <講演者から>
社内では,「ソースコードと同様に,ドキュメントもツールでチェックしよう」をスローガンに掲げて日本語文チェックツールの開発と運用を行っています.ツールのコア部分には,RedPenとその拡張の仕組みを使わせて頂いています.Office文書(特にExcel)からのテキスト抽出のところで,独自の工夫を行っています.RedPenは有効ですが,その限界も見えてきました.去年話題となったBERT(Googleが開発した言語表現トレーニング手法)が応用できないか検討中で,ディープラーニングの勉強から始めているところです.
今後の展望についてもお話したいと思います.

─────────── 開 催 要 領 ──────────

1. 日時

 2019 年 4 月 18 日 (木曜日)   18:30-20:30

2. プログラム

  18:10 – 18:30 受付
  18:30 – 19:30 講演(1) 伊藤 敬彦氏
  19:30 – 20:00 講演(2) 新森 昭宏氏
  20:00 – 20:30 ディスカッション

3. 会場

 フェリカネットワークス株式会社 受付会議室
 東京都品川区大崎 1-11-1
 ゲートシティ大崎 ウエストタワー 16 階

4. 定員: 30 名

 お申し込み順です.定員になり次第受け付けを締め切ります.

5. 参加費

 正会員:    1,000 円
 賛助会員:   2,000 円
 一般参加:   3,000 円
 なお,40歳未満は一律1,000円です.

6. お申し込み方法

 下記のお申込票に必要事項をご記入の上,下記のアドレス宛てに電子メールでお申し込みください.折り返し受け付け確認のメールをお送りいたします.

 お申し込みメールアドレス: forum @ sea.jp

7. その他

 参加費は当日現金でお支払いください.ご希望の方には,領収書を発行いたします.終了後,交流会を開きます.併せて,参加意向をお知らせください.

──────────────────────────────

◆SEA Forum in April 2019 参加お申込票◆

氏名:                                      ふりがな:
メールアドレス:
種別 (いずれかにチェック,記入)
□SEA 会員 (No: )
□SEA 賛助会員 (会社名: )
□その他一般
領収書の要否: 必要・不必要
領収書の宛名:

□終了後の交流会への参加:する/しない
(懇親会の参加費,会場は別になります)
──────────────────────────────