分科会活動

───────────────────────────────────
第25回 SEA 新春教育フォーラム 2017

人工知能と未来の教育

共催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)/教育分科会(sigedu)

熊本大学大学院教授システム学専攻

参加者募集
───────────────────────────────────

近年とみに話題になってきた人工知能はコンピューターの持つ圧倒的な情報蓄積量と情報処理速度により,将棋などのゲームをはじめ人間が行う知的活動のレベルを超える領域になりつつあり,人類にとって脅威となるなどと言った議論が交わされるようになってきました.
そうした議論はともかく,コンピューターの持つその情報量が人間の学習を支援するという意味で近い将来かなり大きな役割を果たすことになることは間違いないでしょう.また文科省の推し進める「アクティブ・ラーニング」,すなわち学習者が自律的で能動的な学習スキルを身につけることを促進するという意味でもコンピューターが学習支援システムとして大きな役割を果たすことになると思われます.
こうした背景の中,教育工学(インストラクショナル・デザイン)をベースにして教育設計や教育改善に取り組む私たちとしては,人工知能を学習リソースの中の一つとして捉え,その機能を最大限活用したコースデザインをする必要性が生じてきています.
今回のフォーラムでは教育に対する人工知能の持つ可能性を探りながら,未来の教育はどんな姿になるだろうかを描き,その有効性を議論・検証します.新春にふさわしい新鮮な議論を展開しましょう.(実行委員長 米島博司)

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA Forum in November 2016

【若手歓迎・40 歳未満参加費 1,000 円】

システムオブシステムズとディペンダビリティ

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

11月のSEAフォーラムは,新しく出来た SiGSoS の発起人落水先生によるご講演です.落水先生による案内は,以下になります.

システムズオブシステムズ(以下SoS)は,複数の分散システムをネットワークで結合した複合システムであり,オブジェクト指向(オブジェクトの再利用),コンポーネント指向(コンポーネントの再利用)、サービス指向(アプリケーションの再利用),システムオブシステムズ(システムの再利用)という、再利用技術発展の流れの上に出現したシステムとして位置づけられる.現在、多くの情報システムはSoSの形態をとることが多い.

このSoSには,次の様な問題があり,伝統的なソフトウェア工学では対処できないものが多い.

  • システム境界が不明確なため要求定義が困難である
  • SoSの構成要素(社会技術システム、Socio-technical Systems)は,異なる組織によって管理されるため独自に進化する
  • 統合または結合時に発生するエラー(創発特性)への対応が困難である
  • デリバリー前に徹底した検査・検証を実施するという従来の信頼性保証プロセスが適用しにくい

本フォーラムでは,SoSを定義し,SoSに発生する固有の問題点をまとめつつ,信頼性・可用性・安全性・セキュリティ・弾力性(resilience)などのディペンダビリティの問題をとりあつかうことの困難さについて解説する.

これらの問題に対処していくにあたっては,互いの知見を交換しつつ,問題点とその対応策を共有していくことがまずは重要であると考える.本フォーラムにおける参加者との交流をその第一歩としたい.

 

それでは,多くの皆さまの積極的なご参加をお待ち申しあげております.

詳細はこちら

1. 趣旨活動内容

以下の活動を通じて,システムオブシステムズ(以下 SoS と略記) を分類・定義し,発生する問題を整理し,対処策を共有する.

・SoS に関する調査(文献調査、ヒアリング)

・SoS に関する事例調査を通じた問題点の整理と解決策の検討

 2. 背景

SoS を,分散システムを土台とする,オブジェクト指向,コンポーネント指向,サービス指向,システムオブシステムズという,再利用技術発展の流れとして位置づけたとき,様々なクラスが存在するが,現在,世の中の多くの情報システムは SoS として位置づけることが可能である。

SoS では,(1) システム境界が不明確なため要求定義が困難である,(2) 異なる組織によって管理されるためSoS構成要素(システム)が独自に進化する,(3) 統合時に発生するエラー(創発特性)への対応が困難である,(4) 従来の信頼性保証プロセスが適用しにくいなど、多くの問題が報告されている.また,セキュリティやセーフティの問題がこれに絡み,事態をさらに複雑にしている.

これらの問題は,クローズドなシステムを対象として発展してきた伝統的なソフトウェア工学の成果では対処できないものが多い.

3.  活動計画

年に2回ほどの会合により,この問題に関する情報を交換・共有することにより,問題に対する認識を深め,解決策を模索する.

場所: [東京都内を予定]
時間: 水曜または金曜日の18:00~21:00 [予定]
会費: 無料

世話人 落水 浩一郎

第30回記念 SEA教育ワークショップ2016
アクティブ・ラーニング世代の人材受け入れ早期対策
~ 効果的・効率的な教育デザインの実践事例研究・討論 ~

 

日時:2016 年 10 月 20 日(木)~10 月 22 日(土) 【現地集合、現地解散】

場所:【ワークショップ会場・宿泊場所】 長崎県小浜温泉 旅館山田屋

詳細:http://sea.jp/SIGEDU/workshop.htm

定員間近とのこと.早めのお申し込みを!

=============================================
第18回SEA教育事例研究会
-教育改善の取り組み、実践に関する事例研究と討論-
主催:ソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(sigedu)
共催:熊本大学大学院教授システム学専攻

 SEA教育分科会(sigedu)では、毎年初夏の時期に教育の実践報告や最新教育関連の情報交換などを中心とした研究会を開催しています。今年も、人材育成やパフォーマンス向上について、新しい取り組みを実践されている方、教育工学に基づき教育の最新技術を研究されている方、ユニークな教育展開をされている方、また担当の教育に問題を抱えて悩んでおられる方が集まり、さまざまな実践事例や改善方策について集中討論会を行いますので奮ってご参加ください。

■ 開催概要
1.日時:2016年7月8日(金)13:30 - 18:00

2.場所: キャンパス・イノベーションセンター東京 5階508,509室

  東京都港区芝浦3丁目3番6号
  JR山手線・京浜東北線田町駅 芝浦口(東口) 徒歩1分
  都営三田線・浅草線三田駅 徒歩5分(アクセス方法は下記)
  http://www.cictokyo.jp/access.html

3.プログラム
  参加者各位からの事例などの発表と検討、研究。
  参加申し込みがあり次第随時更新していきます。

<現時点での事例テーマ(参加表明された方とテーマ:仮称)

●「医学部1年生にやった必修講義(今年で2年目)の事例と改善紹介、今後の課題」 自治医科大学 浅田 義和

●「Moodleを用いたプログラミング教育の実践事例」 東京国際大学 河村 一樹

●「IT企業管理者研修 プロジェクトコミュニケーション講座」 篠崎 直二郎(開智Naoj)

●「クリティカルシンキングの良問と悪問について-項目反応理論の識別力・困難度から-」 若山昇(帝京大学)

●「ワーク・ルールズ」 鈴木克明(熊本大学)

●「教育と実務の深い谷」 米島(パフォーマンス・インプルーブメント・アソシエイツ)

4.定 員:20名(申込先着順:発表者含む)

5.参加費
 SEA会員:¥1,000 SEA賛助会員:¥1,500 一般:¥2,000 学生:¥1,000
 ※ただし、会場費、運営費であり、食費等は含みません。
 ※懇親会費用は含みません。別途徴収いたします。
 ※部分参加の場合も参加費の免除や割引はありません。
 ※懇親会のみの参加は参加費は不要。懇親会費のみ徴収します。

6.スタッフ
 実行委員長: 米島 博司(パフォーマンス・インプルーブメント・アソシエイツ)

7.申込期限:2016年7月1日(金)(期限後も相談に応じます)

9.申し込み方法:

送付先:下記のアドレス宛にお申込ください。

 E-mail: sigedu-entry @ sea.jp (@前後の空白は削除してください。)

*******************************************************************

第18回 教育事例研究会2016参 加 申 込 書

*******************************************************************

(フリガナ)

氏名 :

性別:□男  □女

SEA会員等種別: □会員(会員No.   )  □賛助会員   □一般  □学生

    *注:賛助会員企業一覧:http://www.sea.jp/sanjo.txt

所属団体名・学校名:

部門・学部(学科):

役職(団体・企業の方のみ):

事例発表題目:

e-mail:

参加日程(該当するものにチェック・記入):

 □ 全日参加

 □ 1日目午後のみ参加

 □ 2日目午前のみ参加

 □ 1日目夜の懇親会:参加・不参加 (いずれかを消去)

 □ その他(               )

  ※懇親会のみの参加は参加費は不要。懇親会費のみ徴収します。

アンケート項目:

① 技術者教育、企業内教育、反転授業などについて、日ごろ思っていること。

② 当研究会に期待すること

③ 技術者の育成において、日頃工夫していることや苦労していること。

④ 教育事例研究会で特に取り上げて欲しいテーマ

⑤ 担当されている業務(教育・研修関連)の概要

⑥ その他、当事例研究会に対する要望や意見

教育分科会では,表記フォーラムを, 1月29日(金)午後,東京にて開催予定です.

「事例研究と改善方略の検討 - 自律的・能動的な成長力育成 -」をテーマに,事例発表とパネルディスカッションを実施するとのことです.みなさまの参加をお待ちしております.

お申し込み等,詳細は,教育分科会のページをご覧下さい

標記,三重県で開催された教育分科会教育ワークショップのレポートが,SIGEDUの分科会ページで公開されました.

http://www.sea.jp/SIGEDU/2015_29th_ws_rpt.pdf

雰囲気が伝わる楽しく,貴重なレポートになっています.ぜひ,のぞいてみてください.

表記フォーラムが来年 1月23日午後,東京にて開催予定です.

「研修・授業改善へのインストラクショナル・デザインの適用」をテーマに,事例発表とミニワークショップを実施するとのことです.みなさまの参加をお待ちしております.

お申し込み等,詳細は,教育分科会のページをご覧下さい

標記,ワークショップのレポートが,SIGEDUの分科会ページで公開されました.

http://www.sea.jp/SIGEDU/2014_28th_ws_rpt.pdf

詳細なレポートになっています.ぜひ,のぞいてみてください.

第59回 SEA関西プロセス分科会のご案内

形式的仕様記述手法 VDM ワークショップ

講師
酒匂寛(Designer’s Den)
栗田太郎(フェリカネットワークス)
小田朋宏(SRA)
佐原伸(法政大学大学院情報科学研究科兼任講師)

主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会
後援 :独立行政法人 情報処理推進機構

日時 :2014年8月30日(土) 10:00~18:00 (9:45 開場)

会場 : 株式会社SRA 関西事業部 会議室
〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-1-8
本町クロスビル2F
詳細はこちら