分科会活動

本年の教育ワークショップは,福岡県朝倉市での開催です.テーマは,「逆境から未来を切り開く技術者の育成をどうするか」とのこと.詳細は,案内ページを見て下さい.

───────────────────────────────────
第 27 回 SEA 新春教育フォーラム 2019

~大学教育のあり方と今後の展望~

主催:ソフトウェア技術者協会(SEA)/教育分科会(sigedu)
共催:熊本大学教授システム学研究センター

───────────────────────────────────

小中高から大学まで,文部科学省主導の教育改善をはじめ,現場の先生方の自発的な授業改善など,近年とみに改革の活動が活発になってきているようです.そうした中でも,社会人として世に人材を輩出するという役割を担った大学は,様々な問題を抱え,今後のあり方を含め,試練の真っ只中にあると思われます.教育と研究という大学のミッションの両輪を着実に回しつつ,より良い世界を作っていくために「21世紀の大学はどうあるべきなのか」というビジョンを持つと同時に,そのビジョンをいかにして教育現場に具現化していくかが大きな課題であると思います.

今年の新春教育フォーラムでは,大学の現場において,先進的な授業改善・教育改革に取り組まれている先生方を迎え,創造的なソフトウェア技術者の育成も視野に入れながら,幅広く今後の活路を見出すべく議論したいと思います.

1.開催日
  2019年1月25日(金) 13:00~17:30

2.開催場所
  キャンパス・イノベーションセンター東京 5階 508

3. プログラム
  日時 セッション内容 発表者(担当者)

 13:00 受付開始

 オープニング 実行委員長 米島 博司

(1)大学での取り組み事例

■ 大学の「使命」をあらためて考える」 石井 雅章(神田外語大学)

 学術的もしくは専門的な知識・技術を体系的に次世代へと継承する機関としての大学は,今後どのような役割を果たすことが求められているのか.
 学問の継承者の立場からは程遠いところで大学教員として生きてきた自身の取り組みや,自然言語処理技術の急激な発展に飲み込まれるかもしれない外国語大学の役割などを事例にしながら,大学の「使命」について参加者と一緒に考えてみたい.

■ 「専門職の大学院での教育設計」 石井 美恵子(国際医療福祉大学)

 2018年4月に日本で唯一の災害時の保健医療に携わるすべての専門職を対象とした修士課程を開講した.フィールドでの実務経験を理論と融合させ,より高度な技能の修得や専門領域の発展に寄与できる人材育成を目指した教育設計について検討する.

■ 「大学生の「学び」改革」 河村 一樹(東京国際大学)

 大学氷河期を迎え,新たな道を切り開く時期がきている。大学が抱える多くの課題に対して網羅的に取り上げるのではなく,大学生の「学び」改革に的を絞り込む。それには,大学において学生が自ら学ぶための場と環境を提供する仕組み(統合化学習プラットホーム)を構築する必要がある.これによって,「学び」の結果ではなく,「学び」の過程を可視化して評価するというプロセスを確立する。

■ 「大学生の意識調査から伺えること」 塙 雅典(山梨大学教育国際化推進機構 大学教育センター)

 国立教育政策研究所では平成26年および平成28年に「大学生の学習状況に関する調査」結果を公表している.これらの結果から見えるのは,大学生の学習への関心の低さである.山梨大学でも2015年度より河合塾が主催する「日本の大学生の学習経験調査」に参加して学生の意識調査を継続して行うとともに,授業評価アンケートと授業科目毎の成績のクロス集計,自由記述意見のテキストマイニングなどを実施して,状況把握に努めている.本報告では、これらのデータを参加者の皆様と共有し,今後の大学教育の方向性について議論したい.

(2)パネルディスカッション「大学はどのように変わるか?」  座長 鈴木克明(熊本大学大学院)

 我が国におけるインストラクショナルデザイン(ID)の権威である鈴木先生に,4人の発表を振り返りつつ,会場の参加者を交えながら,IDの視点を交えつつ,これから大学はどのように変わっていったらいいのかについて議論を進めていただきます.

17:20(解散) 予定時刻は若干前後に変更となる場合があります.

17:30 懇親会(有志)

4.定員: 25 名
  お申し込み順です.定員になり次第受け付けを締め切ります。

5. 参加費
  SEA 正会員: 1,000 円  SEA 賛助会員: 2,000 円
  一般: 3,000 円  学生: 1,000 円

  懇親会参加される方は別途実費徴収します。

6. 申込期限:2019年1月24日(木)

7. 実行委員 米島 博司(Performance Improvement Associates 代表)

8.お申し込み方法
  下記のフォームに必要事項を記入の上,送付先までお申し込みください。

*************************************************************
第27回SEA新春教育フォーラム2019  
   2019年1月25日(金)
       参 加 申 込 書
*************************************************************
送付先E-mail: sigedu_entry [atmark] sea.jp
※[atmark]は該当する記号に置き換え,前後の空白は削除してください。
*************************************************************
氏名:     (フリガナ)
性別:□男 □女
種別:□SEA会員(会員番号: ) □SEA賛助会員(組織名: ) 
   □一般 □学生
所属団体名:
部門:
役職:
住所:

TEL:( )-( )-( )内線( )
E-mail:
懇親会参加: 参加する・参加しない
領収証: 不要・要(あて先名:          )

当フォーラムで議論してほしい問題など(その他ご要望)

───────────────────────────────────
第32回 SEA 教育ワークショップ 2018

主催:ソフトウェア技術者協会(SEA)

教育分科会(sigedu)

参加者募集
───────────────────────────────────

私たちソフトウェア技術者協会教育分科会では,グローバルな情報通信社会におけるソフトウェア技術者 や情報処理技術者をはじめ広く一般の技術者育成および教育について,官民・産学を問わず各方面の方々と共に研究活動を展開しております.
人工知能や IoT など情報関係の社会インフラが急激に進化しつつあるこれからの時代に生き残るには,社会の一員としてはもちろんのこと,ソフトウェア技術者としてどのような資質や能力が求められるのでしょうか?そうした資質や能力を習得するには,教育機関や企業・組織は人材育成においてどのような点を考慮して教育システムを構築する必要があるのでしょうか?
第 32 回 SEA 教育ワークショップ 2018 ではこうした視点をベースにして,従来の知識教育ではなく,分析,思考,創造,情熱,そして倫理観をどのようにして育むかを参加者の事例を通じて徹底的に議論します.教育関係者の方をはじめ,広く生産性の向上を担っておられる皆様の参加を募ります. 詳細はこちら

───────────────────────────────────

新しいソフトウェア品質保証のかたちを目指して

— KPIについて考える —

主催: SigSQA

参加者募集
───────────────────────────────────

SigSQA分科会のミーティングを開きます.今回は,KPI(Key Performance Indicator)について議論します.話題提供者に冒頭でお話しいただき,自由な議論を楽しみましょう!

話題提供者から
品質における KPIの粒度や評価軸をどうすべきかはいつも悩ましいところです.例えば,効率的に現場の状況を把握したい経営層向けのKPI と,現場を長期にわたり回していくための KPI では,特徴が異なると考えています.
みなさまの現場では,KPIをどう定め,どう運営していますでしょうか.議論を通じて,新しいソフトウェア品質保証の KPI を一緒に考えてみましょう.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA Forum in April 2018

新しいソフトウェア品質保証のかたちを目指して

— SigSQAの2018年度活動のキックオフ —

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

我が国のソフトウェア産業,特にソフトハウス形態の企業では,SQA(ソフトウェア品質保証)とは何をする仕事なのか,SQA は開発現場や経営にどう寄与するのかといったことに関し,共通の認識がありません.そのため,QA(品質保証部門)は厄介者という認識を持つ場合もあります.また,SQA によって経営が強くなったという企業を耳にすることもありません.残念ですが,これが SQA の現状です.

SigSQA では,これまでに,伝統的なソフトウェア品質保証の利点や問題点を議論してきました.今年度は,その結果を踏まえ,新しいソフトウェア品質保証のかたちを,描いていきたいと考えています.もちろん,ゼロから作るということではありません.これまでに積み重ねられてきた品質保証や品質管理の基本に立ち戻り,現在のソフトウェア開発の動向と SQA の将来の方向性をもとにして,丁寧に積み上げていくことになります.

キックオフとして,現在の SQA の問題点の共有と,新しい SQA の方向性の提示を行い,参加者で議論したいと思います.参加するにあたり,現在のSQAの問題点として SPI Japan でも議論された「プロセス改善の黒歴史」に目を通しておいて下さい.併せて,新しい SQA の方向性を考えるための基本(すなわち,品質保証や品質管理の考え方)として,TQM(総合的品質管理)について何か勉強しておくと良いでしょう.

SQA がよく分からないという方・SQA は不要という方・SQA に関して一家言のある方・自分たちの SQAは素晴らしいという方を含め,SQA に興味をお持ちの様々なみなさまのご参加をお待ちしております.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA 教育フォーラム 2017 津和野

-島根県における情報教育実践事例研究と教育トレンドを徹底議論II -

主催: ソフトウェア技術者協会(SEA) 教育分科会(SIGEDU),津和野町
後援:島根県

参加者募集
───────────────────────────────────

私たちソフトウェア技術者協会・教育分科会(SIGEDU)では,グローバルな情報通信社会におけるソフトウェア技術者や情報処理技術者をはじめ,広く一般の技術者育成およ び教育について,官民・産学を問わず各方面の方々と共に研究活動を展開しております.

2015 年 8 月に島根県・津和野町において、島根県の高等学校におけるIT 教育担当者と県の関係者、教育分科会メンバを交えて IT 人材育成をキーワードに合宿形式でフォーラムを開催いたしました.31 名の参加を得て,遅くまで議論で盛り上がりました。

あれから 2 年が経過しましたが,Ruby 言語を核とした島根県のIT施策は益々盛り上がりを見せ,それに伴いエンジニアの確保や育成にも一層力が入っています.今回のフォーラムでは,取組み事例を通じて教育現場の実態や課題の共有化を図り,教育方法論等を通じて,課題解決ができるよう幅広く意見交換ができればと思っております.関係者の参画を楽しみにしております.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
第 19 回 SEA 教育事例研究会 2017
-教育改善の事例研究と未来の教育展望についての討論-

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA) 教育分科会(sigedu)
共催:熊本大学大学院 教授システム学専攻

参加者募集
───────────────────────────────────

教育分科会では,毎年初夏の時期に,教育の実践報告や最新教育連の情報交換などを中心とした研究会を開催しています.今年も,人材育成やパフォーマンス向上について新しい取り組みを実践されている方,教育工学に基づき教育の最新技術を研究さ れている方,ユニークな教育展開をされている方,また担当の教育に問題を抱えて悩んでおられる方が集まり,さまざまな実践事例や改善方策について集中討論会を行います.

詳細はこちら

───────────────────────────────────
第25回 SEA 新春教育フォーラム 2017

人工知能と未来の教育

共催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)/教育分科会(sigedu)

熊本大学大学院教授システム学専攻

参加者募集
───────────────────────────────────

近年とみに話題になってきた人工知能はコンピューターの持つ圧倒的な情報蓄積量と情報処理速度により,将棋などのゲームをはじめ人間が行う知的活動のレベルを超える領域になりつつあり,人類にとって脅威となるなどと言った議論が交わされるようになってきました.
そうした議論はともかく,コンピューターの持つその情報量が人間の学習を支援するという意味で近い将来かなり大きな役割を果たすことになることは間違いないでしょう.また文科省の推し進める「アクティブ・ラーニング」,すなわち学習者が自律的で能動的な学習スキルを身につけることを促進するという意味でもコンピューターが学習支援システムとして大きな役割を果たすことになると思われます.
こうした背景の中,教育工学(インストラクショナル・デザイン)をベースにして教育設計や教育改善に取り組む私たちとしては,人工知能を学習リソースの中の一つとして捉え,その機能を最大限活用したコースデザインをする必要性が生じてきています.
今回のフォーラムでは教育に対する人工知能の持つ可能性を探りながら,未来の教育はどんな姿になるだろうかを描き,その有効性を議論・検証します.新春にふさわしい新鮮な議論を展開しましょう.(実行委員長 米島博司)

詳細はこちら

───────────────────────────────────
SEA Forum in November 2016

【若手歓迎・40 歳未満参加費 1,000 円】

システムオブシステムズとディペンダビリティ

主催: ソフトウェア技術者協会 (SEA)

参加者募集
───────────────────────────────────

11月のSEAフォーラムは,新しく出来た SiGSoS の発起人落水先生によるご講演です.落水先生による案内は,以下になります.

システムズオブシステムズ(以下SoS)は,複数の分散システムをネットワークで結合した複合システムであり,オブジェクト指向(オブジェクトの再利用),コンポーネント指向(コンポーネントの再利用)、サービス指向(アプリケーションの再利用),システムオブシステムズ(システムの再利用)という、再利用技術発展の流れの上に出現したシステムとして位置づけられる.現在、多くの情報システムはSoSの形態をとることが多い.

このSoSには,次の様な問題があり,伝統的なソフトウェア工学では対処できないものが多い.

  • システム境界が不明確なため要求定義が困難である
  • SoSの構成要素(社会技術システム、Socio-technical Systems)は,異なる組織によって管理されるため独自に進化する
  • 統合または結合時に発生するエラー(創発特性)への対応が困難である
  • デリバリー前に徹底した検査・検証を実施するという従来の信頼性保証プロセスが適用しにくい

本フォーラムでは,SoSを定義し,SoSに発生する固有の問題点をまとめつつ,信頼性・可用性・安全性・セキュリティ・弾力性(resilience)などのディペンダビリティの問題をとりあつかうことの困難さについて解説する.

これらの問題に対処していくにあたっては,互いの知見を交換しつつ,問題点とその対応策を共有していくことがまずは重要であると考える.本フォーラムにおける参加者との交流をその第一歩としたい.

 

それでは,多くの皆さまの積極的なご参加をお待ち申しあげております.

詳細はこちら

1. 趣旨活動内容

以下の活動を通じて,システムオブシステムズ(以下 SoS と略記) を分類・定義し,発生する問題を整理し,対処策を共有する.

・SoS に関する調査(文献調査、ヒアリング)

・SoS に関する事例調査を通じた問題点の整理と解決策の検討

 2. 背景

SoS を,分散システムを土台とする,オブジェクト指向,コンポーネント指向,サービス指向,システムオブシステムズという,再利用技術発展の流れとして位置づけたとき,様々なクラスが存在するが,現在,世の中の多くの情報システムは SoS として位置づけることが可能である。

SoS では,(1) システム境界が不明確なため要求定義が困難である,(2) 異なる組織によって管理されるためSoS構成要素(システム)が独自に進化する,(3) 統合時に発生するエラー(創発特性)への対応が困難である,(4) 従来の信頼性保証プロセスが適用しにくいなど、多くの問題が報告されている.また,セキュリティやセーフティの問題がこれに絡み,事態をさらに複雑にしている.

これらの問題は,クローズドなシステムを対象として発展してきた伝統的なソフトウェア工学の成果では対処できないものが多い.

3.  活動計画

年に2回ほどの会合により,この問題に関する情報を交換・共有することにより,問題に対する認識を深め,解決策を模索する.

場所: [東京都内を予定]
時間: 水曜または金曜日の18:00~21:00 [予定]
会費: 無料

世話人 落水 浩一郎

第30回記念 SEA教育ワークショップ2016
アクティブ・ラーニング世代の人材受け入れ早期対策
~ 効果的・効率的な教育デザインの実践事例研究・討論 ~

 

日時:2016 年 10 月 20 日(木)~10 月 22 日(土) 【現地集合、現地解散】

場所:【ワークショップ会場・宿泊場所】 長崎県小浜温泉 旅館山田屋

詳細:http://sea.jp/SIGEDU/workshop.htm

定員間近とのこと.早めのお申し込みを!

=============================================
第18回SEA教育事例研究会
-教育改善の取り組み、実践に関する事例研究と討論-
主催:ソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(sigedu)
共催:熊本大学大学院教授システム学専攻

 SEA教育分科会(sigedu)では、毎年初夏の時期に教育の実践報告や最新教育関連の情報交換などを中心とした研究会を開催しています。今年も、人材育成やパフォーマンス向上について、新しい取り組みを実践されている方、教育工学に基づき教育の最新技術を研究されている方、ユニークな教育展開をされている方、また担当の教育に問題を抱えて悩んでおられる方が集まり、さまざまな実践事例や改善方策について集中討論会を行いますので奮ってご参加ください。

■ 開催概要
1.日時:2016年7月8日(金)13:30 - 18:00

2.場所: キャンパス・イノベーションセンター東京 5階508,509室

  東京都港区芝浦3丁目3番6号
  JR山手線・京浜東北線田町駅 芝浦口(東口) 徒歩1分
  都営三田線・浅草線三田駅 徒歩5分(アクセス方法は下記)
  http://www.cictokyo.jp/access.html

3.プログラム
  参加者各位からの事例などの発表と検討、研究。
  参加申し込みがあり次第随時更新していきます。

<現時点での事例テーマ(参加表明された方とテーマ:仮称)

●「医学部1年生にやった必修講義(今年で2年目)の事例と改善紹介、今後の課題」 自治医科大学 浅田 義和

●「Moodleを用いたプログラミング教育の実践事例」 東京国際大学 河村 一樹

●「IT企業管理者研修 プロジェクトコミュニケーション講座」 篠崎 直二郎(開智Naoj)

●「クリティカルシンキングの良問と悪問について-項目反応理論の識別力・困難度から-」 若山昇(帝京大学)

●「ワーク・ルールズ」 鈴木克明(熊本大学)

●「教育と実務の深い谷」 米島(パフォーマンス・インプルーブメント・アソシエイツ)

4.定 員:20名(申込先着順:発表者含む)

5.参加費
 SEA会員:¥1,000 SEA賛助会員:¥1,500 一般:¥2,000 学生:¥1,000
 ※ただし、会場費、運営費であり、食費等は含みません。
 ※懇親会費用は含みません。別途徴収いたします。
 ※部分参加の場合も参加費の免除や割引はありません。
 ※懇親会のみの参加は参加費は不要。懇親会費のみ徴収します。

6.スタッフ
 実行委員長: 米島 博司(パフォーマンス・インプルーブメント・アソシエイツ)

7.申込期限:2016年7月1日(金)(期限後も相談に応じます)

9.申し込み方法:

送付先:下記のアドレス宛にお申込ください。

 E-mail: sigedu-entry @ sea.jp (@前後の空白は削除してください。)

*******************************************************************

第18回 教育事例研究会2016参 加 申 込 書

*******************************************************************

(フリガナ)

氏名 :

性別:□男  □女

SEA会員等種別: □会員(会員No.   )  □賛助会員   □一般  □学生

    *注:賛助会員企業一覧:http://www.sea.jp/sanjo.txt

所属団体名・学校名:

部門・学部(学科):

役職(団体・企業の方のみ):

事例発表題目:

e-mail:

参加日程(該当するものにチェック・記入):

 □ 全日参加

 □ 1日目午後のみ参加

 □ 2日目午前のみ参加

 □ 1日目夜の懇親会:参加・不参加 (いずれかを消去)

 □ その他(               )

  ※懇親会のみの参加は参加費は不要。懇親会費のみ徴収します。

アンケート項目:

① 技術者教育、企業内教育、反転授業などについて、日ごろ思っていること。

② 当研究会に期待すること

③ 技術者の育成において、日頃工夫していることや苦労していること。

④ 教育事例研究会で特に取り上げて欲しいテーマ

⑤ 担当されている業務(教育・研修関連)の概要

⑥ その他、当事例研究会に対する要望や意見

教育分科会では,表記フォーラムを, 1月29日(金)午後,東京にて開催予定です.

「事例研究と改善方略の検討 - 自律的・能動的な成長力育成 -」をテーマに,事例発表とパネルディスカッションを実施するとのことです.みなさまの参加をお待ちしております.

お申し込み等,詳細は,教育分科会のページをご覧下さい

標記,三重県で開催された教育分科会教育ワークショップのレポートが,SIGEDUの分科会ページで公開されました.

http://www.sea.jp/SIGEDU/2015_29th_ws_rpt.pdf

雰囲気が伝わる楽しく,貴重なレポートになっています.ぜひ,のぞいてみてください.

表記フォーラムが来年 1月23日午後,東京にて開催予定です.

「研修・授業改善へのインストラクショナル・デザインの適用」をテーマに,事例発表とミニワークショップを実施するとのことです.みなさまの参加をお待ちしております.

お申し込み等,詳細は,教育分科会のページをご覧下さい

標記,ワークショップのレポートが,SIGEDUの分科会ページで公開されました.

http://www.sea.jp/SIGEDU/2014_28th_ws_rpt.pdf

詳細なレポートになっています.ぜひ,のぞいてみてください.

第59回 SEA関西プロセス分科会のご案内

形式的仕様記述手法 VDM ワークショップ

講師
酒匂寛(Designer’s Den)
栗田太郎(フェリカネットワークス)
小田朋宏(SRA)
佐原伸(法政大学大学院情報科学研究科兼任講師)

主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会
後援 :独立行政法人 情報処理推進機構

日時 :2014年8月30日(土) 10:00~18:00 (9:45 開場)

会場 : 株式会社SRA 関西事業部 会議室
〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-1-8
本町クロスビル2F
詳細はこちら

     第22回 SEA新春教育フォーラム2014

 主催:ソフトウェア技術者協会(SEA)/教育分科会(sigedu)

  − 反転授業に見る教育改革の展望と
       インストラクショナル・デザインの果たす役割 −

      共催:熊本大学大学院教授システム学専攻

 ソフトウェア技術者協会(SEA)恒例の新春教育フォーラムを下記の要
領で開催します.
 ソフトウェア技術者協会は,ソフトウェアの実務者あるいは研究者が,
組織の壁を越えて,各自の実践技術や研究成果を自由に交流しあうための
場として,1985年12月に設立されました.
 SEAの教育分科会(SIGEDU)はソフトウェア技術者教育を主なテーマ
として,広く一般の教育方法の実践技術と研究成果の移転に長年取り組み
続けています.
 昨今,従来の授業形態を改革し,いわゆる反転授業という新しい学習形
態を導入する動きが学校教育界を中心に広がりつつあります.従来教室内
で行われていた新規の知識学習を事前に家庭で予習し,授業では生徒同士
の協調学習や教師による個別指導を行うという学習形式は,タブレット端
末の活用と相まって学校単位,また自治体単位で導入が図られており,そ
の成果も数多く報告されています.
 教育工学(インストラクショナル・デザイン)の立場からは,反転授業
も学習形態の一つとして強力かつ有効な手段であると意味付けされますが,
現実としてこの画期的な動きが将来の学校教育や成人学習にも大きな影響
を及ぼすのではないかと推察されます.
 こうした背景を鑑み,今回のフォーラムでは反転授業を推進する立場の
大学教員,それを支援する企業,またインストラクショナル・デザインの
専門家を招き,現状の考察と今後の展望について,参加者を交えた熱い議
論を闘わせます.新しい未来に向けて希望に燃えた新春にふさわしい新鮮
な議論を展開しましょう.
詳細はこちら

SEA教育分科会(sigedu)から、教育ワークショップ2013の報告書が公開されました。

http://sea.jp/SIGEDU/2013_27th_ws_rpt.pdf

写真を多く含む詳しいレポートがPDF(13ページ:約5.1MB)にまとめられており、参加者の発表資料へのリンクも掲載されております。教育に関心のある方は是非ご一読ください。