支部活動

2017年6月16日
ソフトウェア技術者協会東北支部

第一回の論理の構造を考えるワークショップを以下の概要で開催致します。
趣旨をご理解 の上ワークショップにご参加下さいますようにお願い致します

  題名:「第一回論理の構造を考えるワークショップ」
  主催:ソフトウェア技術者協会東北支部
   場所:秋田県仙北市田沢湖生保内2番地1 黒湯温泉
   日時:平成27年8月27日から、29日まで
  議題:近代文明の超克(伝統文化とビッグサイエンスの融合)
     文明比較による論理の構造の違い
     東アジアにおけるコンピュータエンジニアの役割
  参加費:30,000 円
  発表者:荒木啓二郎(九州大学)
    (予定)張漢明(南山大学)
     栗田太郎(フェリカネットワークス株式会社)
     鈴木郁子(元シャープ株式会社)
     熊谷章(タオベアーズ LLC)

概要:ビッグサイエンスと巨大工業技術は20世紀を高度な科学技術社会に変容させた。
130億年前のビッグバンから宇宙が生まれ、地球が誕生した筋書きも科学的に 説明された。科学技術を駆使した社会は、合理性と効率性と利便性を追求した 結果、豊かで便利な 社会システムを手に入れた。しかし、その反面自然環境は 破壊され、巨大科学技術システ ムは等身大の規模を遥かに超えて、人知の制御 が効かない状態になっている。その結果、人類は地球温暖化などの多くの深刻 な問題に直面している。国内では、東日本大地震で起 きた原発事故を筆頭に森 林の荒廃、ダム工事による河川のコンクリート化、海の汚染などの問題が起き ている。東アジアでは、北朝鮮の問題、中国の東シナ海の干拓工事、韓国の 政 治の混乱、日本のアメリカの提灯持ち政治、中国とアメリカの覇権主義争い、な ど政治 的な問題とクライシスが多発している。これらは、皆現代社会の政治の 貧困から齎されて いる。科学技術の進展に比べて、人類の心と価値観が遥かに 遅れて劣っていることが原因 であると考えられる。また、政治の貧困さがこの 現象に拍車をかけている。一方、科学技 術社会の担い手である科学者と技術者 はこの現象に対して口を噤んでいる状態といってよい。現代の細分化された専 門分野と専門家の意識がなせる業かも知れないが、人は全的存 在だと考えれば 情けない事態に陥っているとしか考えられない。

このような大状況を背景にして、コンピュータ事業に従事している科学者と技術者が東ア ジア社会において、既述の問題と課題の解決に向けて何をどうすれば よいかを議題の三点 を基軸として議論し、今後の研究開発の方向と考え方の指針を得たい。
いまでは、コンピュータはメルチメディアの表現媒体として言葉と共に生活のインフラス トラクチャとして定着した。紙と言葉しかなかった時代から、紙とコ ンピュータと言葉の 組合せにより世界を劇的に変革させた。コンピュータ原理 を貫いているのは論理であり、 ロジックである。論理の構造の再考を通して民 族や国家を超克した意味の表現ができる可 能性が高い。民族主義を擁護しなが ら、民族主義を超えて意味を共有し理解し合える表現 が可能に違いないと考え ている。このような考え方を東アジアで展開する最初の一歩として今回のワー クショップを企画した。

次に、文明比較(比較文化論)による論理の構造の違いについて簡単に説明する。 論理学は人類に不変の思考形態と考えられ勝ちだが、実は文明(文化)によって 論理の構造が違 っている。異種類の文化圏において、既存の論理体系がそれぞ れの文化圏における歴史的、 社会的、風土的な制約を受けていることが事実である。異質的な思惟方法、表現方法を認め、それを反省し解明することによっ て人類は新しい思考の創造に向かって進めるようになる。これは仏教学者中村 元の謂いである。論理学は、西洋では、logic, Logik, logigue と呼ばれ、日 本ではこれを論理学と訳した。当初はこの訳が中国と韓国でも使用された。しかし、20世紀初頭、中国では logic は伝統的な名学に相当すると考えられ、その後必ずしも内容が一致しないことから、logic を邏輯という漢字で音写する ようになった。一方、インドと南アジアでは古来論理学の伝統が存在し、それらは西洋の論理学とは独立に発展してきた。インドでは、nyaya という語が用 いられ、道理、論理、方法という意味である。 また、tarka は、思考、思索を表す語である。これらに対して、独立な学問として nyaya-sastra と  tarka-vydya を考え出したのは、西洋で曖昧な logic という語を用いているの に対して、 一つの進歩であるといえる。西洋では、論理と論理学を一般に区別しない。西洋、インド、 中国、日本での論理の構造がいかに違っていたかをみ ることに意味がある。

プログラム:
8 月27日:
オープニング 10:30~12:00 昼食 12:00〜13;30
発表 13:30~18:30
荒木啓二郎:「論理の構造と思考形態と方法の関係」
張漢明:「理性的判断基準、理解力、正しさの証明、想像力」
栗田太郎:「実社会の論理とコンピュータによる論理の実装」
鈴木郁子:「文化、技術、コンピュータ、ソフトウェア」
熊谷章:「現代文明の超克と言葉と東アジア」
8月28日:討論  9:00~18:30
8月29日:まとめ 9:00~12:00

以上

SEAは昨年の12月に創立30周年を迎え、歴代のSEAの代表幹事もお呼びして記念フォーラムと懇親会を行いました。記録をたどってみると当時JIPの臼井さんが創立より前にSEA関西として分科会を始めておられるようです。それで今までのSEA関西の歩みを、今までの分科会の記録をまとめるという形で振り返り、現在の活発なプロセス分科会の報告も聞きながらフォーラムの形で開催することにしました。SEAやJUSなどの活動が今のKOFやOSCにつながっているので、これからのボランティア活動やITコミュニティのあり方についても考えてみたいと思います。SEAなので当然ですが懇親会もあります。時間が許せば是非ご参加ください。

1. SEA関西30+1周年記念フォーラム

・日時:2016年9月10日(土) 14:00-17:00
・場所:ビズラボおおさか(グランフロント大阪北館C棟9F)
・会費無料
・発表者(予定)

司会 阪井 誠
・SEA30周年記念フォーラムの報告と過去のSEA関西分科会(中野秀男)
・sigeduとSEA関西(牧野憲一)
・プロセス分科会の歩み(小林修)
・これからのボランティア活動やITコミュニティを考える(中野秀男)

2. SEA関西30+1周年記念 懇親会

・日時:2016年9月10日(土) 18:00-20:00
・場所:ナレッジサロン プレゼンテーションルームGH
グランフロント大阪北館7F(北3のエレベータの7Fを出た正面)
・会費3000円
・申し込みは、中野(nakano@nakanohideolab.jp)はご連絡ください。7日20時締め切りですが、飛び込みも可能です。その場合もメールは入れてください。

テーマ:作ることによる学び 〜 アラン・ケイの DynaBook から Scratch、Raspberry pi へ

 

講師 :
酒匂寛 氏(Designer’s Den)
水野修 氏(京都工芸繊維大学)

 

主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会

 

日時 :2016年01月23日(土) 13:00~17:00 (12:30 開場)

 

会場 : JAC Recruitment 大阪支店
    大阪府大阪市北区梅田2-2-2 第二吉本ビルディング 12階
    (ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー)

 

申込等は,詳細を参照下さい.

□□□□ SEA名古屋支部 & SERCジョイントフォーラム □□□□
開催案内と参加者募集

この度、SEA名古屋支部とSERCのジョイントフォーラムを開催させていただきます。

ソフトウェア技術者協会(SEA)は、産、学、官など、それぞれ異なった環境に置かれている
ソフトウェア技術者が,そうした社会組織の壁を越えて,各自の経験や技術を自由に交流し
あうための「場」として設立された組織です。フォー ラム、セミナー、シンポジウム、
国際会議、分科会活動、機関紙発 行等を通して、技術者の交流の場を提供します。

ソフトウェア・メインテナンス研究会(SERC)は、ソフトウェアのメインテナンス
(ソフトウェア保守開発)の諸問題に関して研究を行っており、フォーラムや
シンポジウムをを開催しております。

今回のフォーラムでは、この2団体に所属する方々から、発表していただきますので、
ご興味のある方は、是非ご参加ください。

■ 日時:2015年9月18日(金) 18:30~20:30

■プログラム(予定)
18:20-18:30 受付
18:30-18:40 挨拶

18:40-19:10 「ITモダナイゼーションと保守」
名古屋大学 教授 山本修一郎 氏

19:10-19:40 「ICSSP & OISE 2015 in Estonia に参加して」
株式会社SRA 最高顧問 岸田孝一 氏

19:40-19:50 休憩

19:50-20:10 「ソフトウエア開発に必要なコミュニケーションとは?」
株式会社デンソークリエイト 山本佳和 氏

20:10-20:30 「海外個人旅行の勧め-Computex Taipei2015報告他」
Arumatek代表 田村耕一 氏

20:30-20:50 「SERC Bグループ活動を振り返って」
プレーン・ソフトウェア株式会社 代表取締役 石川雅彦 氏

20:50-21:00 終了~片付け
21:00-   移動~懇親会

■会場:中電シーティーアイ テレピアビル5階
461-0005 名古屋市東区東桜一丁目14番25号
http://www.cti.co.jp/company/location/

■会場までのアクセス方法
・地下鉄東山線・名城線「栄」駅、名鉄瀬戸線「栄町」駅下車
4A番出口より東へ徒歩5分
・地下鉄桜通線「高岳」駅下車、南へ徒歩5分
・市バス「東新町」下車

■参加費:SEA会員 500円、SERC研究員 500円、一般 1000円

■申込方法
参加を希望される方は下記申込フォームに記入の上、下記宛先までメールでお申込ください。
宛先メールアドレス: entry-nagoya [at] sea.jp ※[at]を@に置き換えてください。
※定員超過などにより、お断りする場合には,メールでご連絡します。

■担当
SEA名古屋支部: 石川 雅彦、諸岡 隆司

=====<参加申込フォーム>==============================
氏名(ふりがな):
所属団体名:
部門名:
連絡先 E-Mail:
種別:□SEA会員(No. ) □SERC研究員 □一般
懇親会参加: □する □しない
参加費領収証:□不要 □必要 (必要の場合、領収書の宛先[ ] )
=======================================================

テーマ:価値ある製品を生み出すためのアジャイル実践ポイント

 

講師 :前川 直也 氏(日新システムズ)
    陸野 礼子 氏(日新システムズ)

 

主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会

 

日時 :2015年08月22日(土) 13:30~17:00 (13:00 開場)

 

会場 : JAC Recruitment 大阪支店
    大阪府大阪市北区梅田2-2-2 第二吉本ビルディング 12階
    (ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー)

 

申込等は,詳細を参照下さい.
第60回 SEA関西プロセス分科会のご案内「納品をなくせばうまくいく〜アジャイル開発のビジネスモデル!」

講師
倉貫 義人(株式会社ソニックガーデン代表取締役)

主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会

日時 :2014年9月27日(土) 13:30~17:45 (13:00 開場)

会場 : JAC Recruitment 大阪支店
大阪府大阪市北区梅田2-2-2 第二吉本ビルディング 12階
(ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー)
http://www.jac-recruitment.jp/service/profile/office.html

※ 会場が前回までと異なりますので、ご注意ください。

内容 :
ソフトウェア開発の現場ではいまだに多くの問題が起きています。そうした問題に対し、重厚長大なプロセスではなく、エンジニアとプログ
ラミングを中心にしたアプローチで解決しようとしたのがアジャイル開発です。しかし、アジャイル開発の事例はさほど多くは出てきていません。日本のソフトウェア開発における商習慣がその妨げになっていると考え、「納品をなくす」ことで解決できると仮説をたてて、新しいビジネスモデルを産み出しました。それが「納品のない受託開発」です。要件定義が難しいような新規事業やウェブサービスの開発において効果を発揮し、多くのお客さまに満足頂いています。そして、それに取り組むエンジニアたちも、残業や休日出勤もなくやりがいをもって働けています。本講演では、その「納品のない受託開発」について、なぜそんなことが実現できるのか、その秘密について紹介します。

詳細はこちら

      第58回 SEA関西プロセス分科会のご案内
   JAXA におけるソフトウェアの品質向上と安全保障

講師 :宮本祐子 氏
   JAXA(宇宙航空研究開発機構) 情報・計算工学センター

主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会
日時 :2014年06月06日(金) 18:30〜21:00 (18:00 開場)
会場 :大阪市立総合生涯学習センター 第5研修室
   〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500
   大阪駅前第2ビル6階
   Tel 06-6345-5000 / Fax 06-6345-5019
   ※ 会場が前回までと異なりますので,ご注意ください.

内容 :
  人工衛星など宇宙空間で使われるシステムは実際の運用が始まってか
 らのメンテナンス,改修がほとんどできません.そのため,運用に入る
 前にできる限りの検証,妥当性評価を実施したいのですが,一方で,宇
 宙空間という特殊な空間で動作するシステムのため,運用と全く同じ環
 境での試験を地上実施することはできません.
  このような制約のもとで,如何にソフトウェアを含むシステム全体の
 品質を保証するか,ということが常に品質保証部門に課せられる大きな
 課題です.人工衛星に搭載されるソフトウェアは決して規模の大きいも
 のではありませんが,担う機能の重要性や多様性,複雑度は時代を追う
 ごとに増してきています.
  このような状況の中,ソフトウェアの品質を確保するために,私たち
 は,米国航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)と共に,ソフトウ
 エア独立検証及び有効性確認(IV&V)によるソフトウエア製品の品質保証,
 安全性確保を実施しています.またプロセス面ではISOの準拠したプロ
 セスアセスメントを導入するなど,プロセス保証活動にも力を入れてい
 ます.
  講演では,私たちが取り組んでいるIV&Vやプロセスアセスメントなど,
 ソフトウェア品質向上のための活動やそこでの課題,宇宙システムにお
 ける安全を確保するための設計,安全性保証活動のアプローチの紹介し
 ます.

講師紹介
宮本祐子(みやもと ゆうこ)
  筑波大学で物理学を専攻し,粒子衝突実験のシミュレーションや検出
 器の開発に従事.
  またその技術を利用し,実際に欧州原子核研究機構(CERN)における
 粒子衝突実験に参加.
  大学院卒業後,三菱スペースソフトウェア株式会社に入社し,H-IIB輸
 送機(HTV)初号機の搭載ソフトウエア開発に従事し,NASAからの要求
 に基づく安全要求を実現するソフトウェアシステム開発を担当
  その後JAXAへ転職.ソフトウェア独立検証,ソフトウェアプロセス改
 善など,ソフトウェアの品質向上のための業務に従事.

参加費用:
SEA正会員: 1,000円
SEA賛助会員:1,000円
学生:     500円
一般:    2,000円
※ 懇親会参加費は別途実費負担

定員 :36名

申込方法:
以下のページからお申し込みの受付を行っております.
http://kokucheese.com/event/index/167716/
### 06/05(木)までにお申し込みください###

ご注意)
 - 受付は先着順で,定員になり次第〆切とさせていただきます.
 - メール,FAXなどWebページ以外からの申し込みは受け付けておりません.
 - お申し込みの受付け後,確認メールが自動的に返送されます.
  確認メールを印刷し,当日受付時に持参ください.
 - 申し込み手続きについて不明点などございましたら下記までご連絡ください.
  seakansai-req [at-mark] sea.jp
 - 参加費は当日会場受付にて現金でお支払いください.
 - 領収書が必要な方は,申し込み時に「領収書要」にチェックしてください.

  第57回 SEA関西プロセス分科会/第10回 RxTstudyのご案内
  テーマ:「チケット駆動開発とメトリクス」

講師 :大杉 直樹(株式会社NTTデータ 技術開発本部)
    神谷 芳樹(みたに先端研合同会社代表)
主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会
    RxTstudy(Redmineやタスク管理を考える勉強会@大阪)
日時 :2014年4月5日(土) 13:30〜17:30 (13:00 開場)
会場 :株式会社SRA 関西事業部 会議室
    〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-1-8 本町クロスビル2F
詳細はこちら

        第56回 SEA関西プロセス分科会のご案内
       Eclipse XText によるドメイン特化言語の応用

講師
 細合 晋太郎(九州大学 大学院システム情報研究院 学術研究員)
 細谷 泰夫(関西フォーマルメソッド勉強会)

主催 :ソフトウェア技術者協会 関西支部 プロセス分科会

日時 :2014年3月29日(土) 13:00〜17:30 (12:30 開場)

会場 : 株式会社SRA 関西事業部 会議室

  〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-1-8
  本町クロスビル2F

内容 :
ドメイン特化言語(Domain Specific Language:DSL)は,特定の分野
(ドメイン)に限定向けに独自言語を作成し,その言語からコードへの変
換ルールを記述することで,ソフトウェア開発の自動化を支援します.
汎用性の高いUML等のモデリング言語では,適用範囲が広いゆえに,コー
ド生成まで行うためにはモデルに多くの付加情報や変換定義が必要となり
ます.一方DSLでは,ドメインに限定したモデルと言語を作成するため,
そのドメインに必要な要素のみに注目できると共に,変換定義も容易にな
ります.
今回紹介するXtextはEclipse上に構築されたDSL開発フレームワークです.
任意のDSLを作成できると共に,作成したDSLを記述するためのエディタと,
コード生成のための枠組みが生成されます.これにより手軽に独自の言語
から任意の言語の生成するDSL環境を作成することができます.
今回は,日本XTextユーザー会においてXtextの啓蒙・普及活動を行ってこ
られた細合晋太郎氏により,Xtextの基本的な動作原理の解説と実際に
Xtextを使ったDSL開発の演習を行って頂きます.
また,細谷泰夫氏より現場にXtextを導入した事例を紹介して頂きます.
細谷氏はXtextを2012年の11月頃に始めて知り,2013年の1月には実際の業
務で活用し始めました.Xtextの初心者が業務に活用するまでの経緯,活
用の拡大,活用して気づいたことを紹介します.
詳細はこちら

────────────────────────────────
            YDOC Feb. 2014

      The computer (must be) personal again.

             参加者募集
────────────────────────────────

長らく休眠状態にありましたYDOC(ソフトウエア技術者協会横浜支部)の
活動再開です.再開一回目は,子供向けプログラミング教育に関して積極
的に活動されている阿部和広さんをゲストにお迎えしてお話をして頂きま
す.本当に,そもそもコンピューターはパーソナルであったことがあるの
でしょうか? クラウドがもてはやされる今だからこそ,「個人の領分」
とは何かが難しくなってきています.この刺激的なテーマに関して阿部さ
んに講演を頂きます.
詳細はこちら